エルメスのクラフト懐中時計、細心の注意を払って細工された独創的な
エルメスは、スカラベカブトムシの鞘翅、金属彫刻、インフィルエナメルの3つの技法を組み合わせており、精巧に作られています。


パターンのデザインは、エルメスのためにピエールマリーがデザインしたビーチタオルから着想を得ています。文字盤の波とひれの模様は、刻印ナイフが飛ぶにつれて徐々に形を成していきます。最初の彫刻が完了した後、GrandFeuエナメル焼成プロセスが続きます。エナメル職人が薄い絵筆を手に振ると、彫刻職人が彫った空間に適量の湿ったエナメル粉を塗り、絵を描き始めました。パレットの青と赤の色合いははっきりしていて、不透明なものもあれば半透明なものもあります。窯で何度も焼成した後、さまざまな色が微妙で詳細な色のグラデーションを示します。文字盤を彫刻職人の手に戻した後、魚の目と口を丁寧に彫り、デザインラインを引き出します。


文字盤は、エルメスのスーパーコピー時計工場のホワイトゴールドケースに取り付けられています。この貴重な時計は、懐中時計の形で登場し、時代を超えたエレガンスを醸し出しています。あぶみの形をした非対称のラグは、アルコーシリーズの時計の代表的なデザインの特徴を反映しています。完全に透明なサファイアクリスタルのケースバックにより、時計の心臓部を見ることができます。完全に組み立てられ、手作業で研磨されたエルメス製のH1837自動巻きムーブメントは、スイスの時計製造の最高の伝統を保持しています。


前ページ: パネライ47mmレッドゴールドの時計は購入して収集する価値があります。
次ページ: パネライ左利きシリーズ時計紹介:PAM00345、PAM00368